明石~兵庫探検


明石だけじゃなく、兵庫県内もウロウロ。行動範囲が広がりました。
by akashinjin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
タグ
以前の記事
明石検索サイト
フォロー中のブログ
最新のコメント
鍵コメント様、コメントあ..
by akashinjin at 19:27
turnさん、こんばんは..
by akashinjin at 22:26
今日放映されたNHKの関..
by turnmyeyesto at 20:19
turnさんこんにちは~..
by akashinjin at 08:53
『おとな旅・神戸』、プラ..
by turnmyeyesto at 20:05
Kさん、こんにちは。こち..
by akashinjin at 17:18
こんにちは。 外部ブロ..
by K at 05:39
中山雄貴さん、こんばんは..
by akashinjin at 21:21
その兵庫県の男の子です。..
by 中山雄貴 at 13:47
turnさん、こんにちは..
by akashinjin at 16:35
最新のトラックバック
丸亀製麺の新規事業♪ 丸..
from 出張先
さわやか風味「山椒チョコ..
from ローカルニュースの旅
垂水アウトレット【マリン..
from 垂水アウトレット【マリンピア..
毛槍投げ渡し古い町並み練..
from ローカルニュースの旅
ウタ@明石 明石焼
from 殿のBlog
ゴ@明石 明石焼き
from 殿のBlog
讃岐うどん 中山製麺所 ..
from 殿のBlog
大正庵(明石市西明石南町)
from 明石在住、別府・苫小牧大好き..
かっぱ寿司@上田
from まちゃの信州グルメ日記
高松市の純手打ち かしむら
from 愛媛の人間が紹介する、美味し..
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:お出かけ(北播磨)( 21 )


闘竜灘(加東市上滝野)

近くの観光ポイント、名勝・闘竜灘を訪れました。
幕末の詩人梁川星巖の七言絶句によって、巨龍の躍動に似たところから名づけられました。川底いっぱいに起伏する奇岩、怪石に阻まれた激流を、古人は「白波雲の如く立ち水声夥し」と評しました。飛び鮎の名所としても知られます。
d0076283_22513417.jpg
d0076283_22524390.jpg
d0076283_22532675.jpg
d0076283_22542145.jpg
この一帯だけ何だか凄いです。鮎の季節に再訪したい。
[PR]

by akashinjin | 2017-11-24 14:10 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

五峰山 光明寺②(加東市滝野町)

花蔵院にて
d0076283_10170739.jpg
d0076283_10172696.jpg
d0076283_10174701.jpg
d0076283_10250014.jpg仁王門から常行堂
を望む。



本堂に続く階段。




手前の紅葉と本堂


山内の紅葉の色づきはばらつきがあり、散っているものから色づき途中までありました。ピークという状況ではなく、寂しい感じでした。
山茶花が咲き始めていました。
d0076283_10192815.jpg
d0076283_10194647.jpg



[PR]

by akashinjin | 2017-11-23 13:20 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

五峰山 光明寺(加東市滝野町)

d0076283_09495602.jpg11月21日、加東市の紅葉の名所の一つ「光明寺」を訪ねました。
眺めの良い駐車場からは、傾斜のある道が続き、健脚者向けの参道です。

境内石門
地蔵堂

大慈院
山門にて
d0076283_09562659.jpg
d0076283_09590299.jpg
d0076283_10010007.jpg
大慈院 二重塔


[PR]

by akashinjin | 2017-11-22 13:10 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

大橋中華そば(加東市上滝野)

d0076283_09001604.jpg中華そば
650円
甘口の円やかな醤油ラーメンで食べやすい。
播州ラーメン初体験かもしれない。
美味しかった!!
薄目ソフトなチャーシューは脂っこくなく食べやすい美味しさ。


[PR]

by akashinjin | 2017-11-21 12:45 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

紅葉の慈眼寺へ(三木市)

慈眼寺は、三木市のもみじの名所の一つに挙げられ、参道の紅葉のトンネルが有名です。ここも、散り~青葉が混在していました。(11/27)
d0076283_9441219.jpg
d0076283_9445637.jpg大化4年(648)に法道仙人の開基と伝えられ、一時荒廃したが南北朝時代に播磨の守護、赤松則村(円心)が再興したという縁起をもつお寺です。
d0076283_8123630.jpg
鐘楼にある梵鐘は、天正年間(16世紀後半)の三木合戦で、寺の裏山に布陣していた羽柴秀吉の武将有馬法印則頼が陣鐘に使っていたと伝わるもので、三木市最古の梵鐘として県の重要文化財の指定を受けています。
明治初年に東京両国の回向院から分墓した鼠小僧次郎吉の墓が境内に祀られています。裏手にありました。
[PR]

by akashinjin | 2015-12-01 13:30 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

金剛寺へ(三木市)

d0076283_9233880.jpg
d0076283_924392.jpg敷地に入って最初に目に入る空海諸国修業の像。
奥のエリアに進み、
五重塔は、平成二十年四月に建立された金属製の物。
今年の紅葉はタイミングが難しい。早々に色づいて散った物と色づき途中で気温が上がり、色がさえない物、これから色づく物が混在。観音様の所が一番色鮮やかでした。(11/27)
d0076283_9243376.jpg
d0076283_925059.jpg


金剛寺について
[PR]

by akashinjin | 2015-11-30 12:30 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

cafe home(三木市大村)

イオン三木店の隣にあるカフェでランチ。カフェ好きが好きな雰囲気が満載のお店~。d0076283_0194835.jpgランチは週替わりで、雑穀米ごはんかパスタのプレートランチです。
「タケノコとひき肉のジャージャーごはん プレートランチ」スープ・ドリンク付 ¥1030
好みで温泉卵を混ぜて頂きます。
美味しかったです~。ぺロリ!
d0076283_0222988.jpg

[PR]

by akashinjin | 2015-11-29 12:00 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

麺坊はりまや 道の駅みき店

d0076283_23182955.jpg鍛冶屋カレー
1058円(税込)
三木の郷土料理である「鍛冶屋鍋」をヒントに作られた道の駅みきオリジナルメニュー。
カレーに素揚げした茄子にタコをトッピング。
牛肉も入っていました。こってり濃厚で美味しかった。
お皿は特製鉄鍋を使用されています。
[PR]

by akashinjin | 2015-11-08 13:00 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

浄土寺の紫陽花(小野市)

浄土寺の裏山には、四国八十八ヶ所めぐりができる林道が設けられており、江戸時代に作られた88体の地蔵を巡ることができます。(1周約1.5km 約30分)
散策道にカシワバアジサイ・ガクアジサイ・ハイドランジア(西洋アジサイ)等、約1万株が植えられ、6月中旬から7月上旬が見頃となります。
6月14日訪問。見頃が始まったばかりの紫陽花は、瑞々しく美しい。
d0076283_11274827.jpg
d0076283_12341876.jpg
d0076283_12344328.jpg
d0076283_12473442.jpg
d0076283_12491238.jpg
d0076283_12493380.jpg紫陽花の花に見える部分は「がく」で、中央の小さいポッチリした所に花が咲きます。

花が開き始めている物を1輪見つけました。

More
[PR]

by akashinjin | 2015-06-16 12:10 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)

国宝 極楽山浄土寺へ(小野市)

d0076283_11403813.jpg建久年間(1190~1198)の創建の古刹を訪れました。

源平の争乱で焼失した東大寺の復興を果たした重源が開山したお寺です。



d0076283_11465573.jpg国宝 浄土寺浄土堂(阿弥陀堂)
重源が手がけた大仏様建築。
堂内部は天井を張らず、屋根裏に空間をつくらず、構造材をそのまま見せて装飾を兼ねている。

本尊として、国宝 阿弥陀三尊像(快慶の大作)を安置しています。

阿弥陀如来像高:530cm。両脇侍像高:370cm。(右・観音菩薩、左・勢至菩薩)
三立像の蓮華座の下には雲が表され、僅かに阿弥陀三尊が前に傾き、西方極楽浄土から飛雲に乗って来迎する情景を表現されている。
中央の阿弥陀如来像の特徴として、人々に差し伸べられているのは右手で、ほかの阿弥陀仏が左手なのとは逆の造り。長い爪。
浄土堂は境内の西、極楽浄土の位置する側に建てられ、阿弥陀三尊は東向きに立つ。
堂の背後の蔀戸(しとみど)を開け放つと背後からの光が入るようになっており、晴れた日の夕刻には堂内全体が朱赤に深く輝くように染まり、雲座の上に位置する三尊像が浮かびあがって来迎の風景を現すという劇的な光の演出効果を備えている。
d0076283_11471596.jpg
d0076283_1234114.jpgとても素晴らしい堂内と仏像です。夕刻にまた訪れてみたいものです。



鐘楼堂





d0076283_1253810.jpg

八幡神社拝殿
重要文化財


本殿は修復中のようで覆われていました。




d0076283_1283914.jpg

薬師堂
重要文化財

現在のものは焼失後の永正14年(1517)築






d0076283_1210187.jpg



開山堂

More
[PR]

by akashinjin | 2015-06-15 11:50 | お出かけ(北播磨) | Trackback | Comments(0)