明石~兵庫探検


明石だけじゃなく、兵庫県内もウロウロ。行動範囲が広がりました。
by akashinjin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
明石の風景・・海辺
明石の風景・・花・街・他
明石の風景・・お祭りなど
旬の味
明石焼きめぐり
たこ料理
明石のお鮨
明石・和食のお店
明石・うどん・そば
明石・中華のお店
明石・洋食のお店
明石・エスニックのお店
明石・鉄板焼き系
明石・焼肉・焼き鳥系
明石・居酒屋系
明石・ラーメン
明石・カレー
明石・カフェ
明石・スイーツ
明石・パン
明石・食材
神戸市西区のお店
神戸市垂水区のお店
 星乃珈琲 垂水海岸通店
 丸亀製麺名谷東店
神戸市須磨区のお店
 喫茶我羅里
 うどん よつ葉
 金龍閣 名谷店
神戸市長田区のお店
神戸市兵庫区のお店
神戸市中央区・和食のお店
神戸市中央区・洋食のお店
神戸市中央区・中華のお店
神戸市中央区のお店
神戸市灘区のお店
神戸市北区のお店
お出かけ(神戸市)
イベント(神戸市)
お出かけ(東播磨)
お出かけ(中播磨)
お出かけ(西播磨)
お出かけ(北播磨)
 三木SA
お出かけ(丹波)
 西紀SA
お出かけ(但馬)
お出かけ(但馬・豊岡市)
お出かけ(但馬・香美町)
山陰海岸ジオパーク
 但馬七花寺霊場
 出石そば
 道の駅但馬まほろば
 道の駅ようか但馬蔵
 道の駅あまるべ
お出かけ(淡路島)
 淡路島牛丼
お出かけ(阪神)
桜便り
未分類
タグ
以前の記事
明石検索サイト
フォロー中のブログ
最新のコメント
鍵コメント様、コメントあ..
by akashinjin at 19:27
turnさん、こんばんは..
by akashinjin at 22:26
今日放映されたNHKの関..
by turnmyeyesto at 20:19
turnさんこんにちは~..
by akashinjin at 08:53
『おとな旅・神戸』、プラ..
by turnmyeyesto at 20:05
Kさん、こんにちは。こち..
by akashinjin at 17:18
こんにちは。 外部ブロ..
by K at 05:39
中山雄貴さん、こんばんは..
by akashinjin at 21:21
その兵庫県の男の子です。..
by 中山雄貴 at 13:47
turnさん、こんにちは..
by akashinjin at 16:35
最新のトラックバック
丸亀製麺の新規事業♪ 丸..
from 出張先
さわやか風味「山椒チョコ..
from ローカルニュースの旅
垂水アウトレット【マリン..
from 垂水アウトレット【マリンピア..
毛槍投げ渡し古い町並み練..
from ローカルニュースの旅
ウタ@明石 明石焼
from 殿のBlog
ゴ@明石 明石焼き
from 殿のBlog
讃岐うどん 中山製麺所 ..
from 殿のBlog
大正庵(明石市西明石南町)
from 明石在住、別府・苫小牧大好き..
かっぱ寿司@上田
from まちゃの信州グルメ日記
高松市の純手打ち かしむら
from 愛媛の人間が紹介する、美味し..
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


藤平・つけ麺(枝吉のラーメン店)

d0076283_1585279.jpg藤平でつけ麺を食べた。
ずーーーっと昔、インスタントの付け麺ってありましたよね。
それ以来のつけ麺です。

某芸人さんが、つけ麺を語っているのをTVで見て、食べてみたかった。

(食べた感想)
芸人さんが言われてた通り、つけ麺はらーめんとは全く別の独立したメニューですね。
お店によって違いがあるだろうと思います。
ここのは、柚子の風味のあっさりしたタイプで食べやすかったです。
[PR]

by akashinjin | 2008-12-29 23:57 | 神戸市西区のお店 | Trackback | Comments(0)

せこ蟹・せこ飯

せこ蟹:松葉蟹(ズワイガニ)の雌を山陰地方では「せこがに」と言いますが、せいこ蟹(せいこがに)、香箱(こうばこ)、コッペ(こっぺがに)、親蟹(おやがに)という呼び方もあるそうです。
甲羅の内外に持っている卵、内子と外子が最大の魅力。
資源保護により、漁獲期間は解禁後11/6から翌年1/10までの約2ヶ月間。
(ちなみに松葉かに(雄蟹)は、3月20日頃まで水揚げされます。)

せこ蟹漁が解禁されると、せこ飯を炊くのが毎年の楽しみです!
d0076283_0515784.jpgこれは、産地直送の立派なせこ蟹。
生きたまま届きます。
10杯入っていたので、届いた日にせこ飯とせこ汁を食べて、他に2回分の蟹飯の出汁を蟹身とともに冷凍しました。


d0076283_0533650.jpgこれは、解禁早々に「魚の棚」で購入したもの。
今シーズンは、解禁当初は豊漁だったのに、その後不漁であまり見かけなかった。

豊漁の時は、スーパーでもパックで売られています。


d0076283_0534448.jpg生きているせこ蟹を調理するのは未だに怖いです。
だって、「痛いやめてー」とばかりに脚とハサミが襲ってきますから・・・。
その攻略法は、水道水にしばらく沈めます。
そうすると泡をプクプク出した後、静かになりますよ。

せこ蟹のさばき方
①外子を下にめくってむしる。
②左右の脚を甲の部分ごと甲羅からはずす。(甲のビラビラした所は捨てる。)d0076283_0543194.jpgd0076283_05535.jpg










③甲羅の中と甲の間にある味噌と内子をきれいに集める。
せこ飯を炊く
洗った米の上に蟹味噌・内子・外子とさばいた蟹を並べ、調味液と共に炊きます。d0076283_0581351.jpgd0076283_0583882.jpg










炊き上がったら、蟹身をほぐし、蟹味噌・内子・外子をまんべんなく混ぜます。d0076283_0592896.jpgd0076283_059498.jpg











蟹身をほぐすのが手間なので、あらかじめ鍋で調味液と蟹を炊いてスープを取り、ご飯が炊ける間に身をほぐしておくのもいいと思います。
私のレシピ
せこ蟹2~3杯(大きい時は2杯、小さいときは3杯。)
(甲が厚く身の詰まった、子を沢山抱いている物がいいです。貧弱な時は昆布をしいて炊く時もあります。)
米3合、水3合、薄口醤油大さじ3と1/2、みりん大さじ1、酒大さじ1

[PR]

by akashinjin | 2008-12-19 23:40 | 旬の味 | Trackback | Comments(0)

Pixy(本町・銀座通り)

買い物の帰り、何処かでお茶したくなり立ち寄ったお店。
とーっても個性的、明石っぽくなくてビックリした!
本町の銀座通り南端にある、白い窓枠のお店です。
お店に入るとマネキンみたいに色白の異国風のお洒落なイケメンさんがおられました。
店主の様です。看板犬もお洒落してチョロチョロしています。
窓ガラスには白い羽毛が貼り付けられ、フランス語のシャンソンがBGM。とってもとっても変わってるんじゃないの?
d0076283_010427.jpg食べたのは、チーズスフレだったかな?(随分前で忘れてしまいましたが・・)
飾りつけも個性的ですね。
それと、マサラティー。
紅茶専門店だそうです。

口コミ記事を見ると、待ち時間が多いお店のようですが、私は丁度お暇な時間に訪れたようで気にならず。
気になったのは、メニューが見にくくて、私には珍しく注文を決めるのに時間がかかったのでした・・・。

明石市本町1-7-5[地図]  TEL:078-911-0256
営業時間 13:00~23:00 定休日 月曜日
[PR]

by akashinjin | 2008-12-18 23:05 | 明石・カフェ | Trackback | Comments(0)

五色塚古墳へ(垂水区)

お鮨を食べた後、明石海峡大橋を見下ろす古墳までウォーキング。
垂水駅から住宅街を15分位歩くと、大きな五色塚古墳と橋が見えてきましたー。

五色塚古墳は、4世紀から5世紀始めにかけて築造された兵庫県下最大の前方後円墳で、明石地方を支配した豪族の墓であろうと推定されています。
墳丘は全長194mで3段に築かれており、下段は周囲の堀を掘りながら地山を前方後円墳に堀り残し、中段と上段は盛土を行っている。
d0076283_2192796.jpg
d0076283_2222883.jpg奥(西側)には小壺古墳が並んである。
「直径67m・高さ9mの円墳で、2段に築かれた墳丘にはヒレ付円筒埴輪をめぐらしていたが、葺石は葺かれていなかった。どちらを先に作ったかはわかっていない。」
「五色塚古墳の周囲にめぐらされた堀の中にはいくつかの方墳がつくられていた。かつては堀の外側にもいくつかの古墳があり、一つの古墳群を形成していd0076283_223428.jpgた。」


入り口近くで
史跡 
五色塚(千壺)古墳
小壺古墳





墳頂からの眺め
d0076283_2251415.jpg
d0076283_2255263.jpg埴輪は、墳頂部と墳丘斜面につくられた2段のテラスにめぐらされている。
大部分はヒレ付円筒埴輪で、その総数は約2200本と推定されている。



d0076283_2262135.jpg墳丘の斜面には石が葺かれており、下段では古墳の周辺から採集されたと推定される小石を使用し、中段と上段では大きな石を使用されている。




整備にあたっては、古墳の表面の調査に重点をおいたため、墳頂部の埋葬施設は調査されていない。江戸時代の文献によると、墳頂部には石棺が埋まっていると記されている。
d0076283_228527.jpg

[PR]

by akashinjin | 2008-12-17 23:08 | お出かけ(神戸市) | Trackback | Comments(0)

海鮮・鮨処 増田屋 駅前店(垂水駅前)

先週末、お天気があまりによくてお出かけしました。ここは垂水で人気のお寿司屋さん。
d0076283_9582340.jpgd0076283_9584149.jpg









d0076283_959869.jpg(左)特上にぎり(1.5人前)2400円
(右)特上にぎり1900円

シャリもネタも大き目のお鮨です。
お店の一番人気は、ランチにぎり800円。(にぎり10かん、赤だし付き)

(正直言うと、特上は贅沢すぎ。これだけ出すなら明石で食べたかったな。)
[PR]

by akashinjin | 2008-12-16 09:55 | 神戸市垂水区のお店 | Trackback | Comments(0)

小小心縁(南京町・中華)

ルミナリエの前に食事したお店。ブログで見たお店で、運よく入れました。d0076283_9335780.jpgd0076283_9342128.jpg










d0076283_9344795.jpgd0076283_9352198.jpg









d0076283_9355586.jpgd0076283_9362392.jpg









d0076283_9364877.jpgd0076283_937662.jpg









d0076283_9395528.jpg一人7000円のコース
前菜盛り合わせ
福建式カキのお好み焼き(チリソースで)
和牛とユリのつぼみの炒め物
画像なし(たらば蟹と春雨の煮込み)
薬膳スープ(うこっ鶏・アガリスク・ナツメ他)
フカヒレ姿煮
福建炒飯(ライスは炒めず、あんがかかている)
小龍包(スープたっぷり、温かった)
胡麻の杏仁豆腐

d0076283_9401393.jpg福建の味でしょうか。
まろやかな醤油味で初めての風味があった。
ボーナス直後の贅沢です。
料金を上げると食材が良かったです。

南京町はランタンフェア中です。
[PR]

by akashinjin | 2008-12-15 09:37 | 神戸市中央区・中華のお店 | Trackback | Comments(0)

三ノ宮駅前のイルミネーション

d0076283_9114489.jpgルミナリエの帰り。
三ノ宮駅前(南側)にもイルミネーションがありました。
[PR]

by akashinjin | 2008-12-14 09:10 | イベント(神戸市) | Trackback | Comments(0)

神戸ルミナリエ②

東遊園地・広場 スッパリエーラ「光の巣」
d0076283_8534969.jpg
「光のカッサ・アルモニカ」
d0076283_8541339.jpg
東遊園地・小路 ソロピース「光の陶酔」
d0076283_8543655.jpg

[PR]

by akashinjin | 2008-12-13 08:52 | イベント(神戸市) | Trackback | Comments(0)

神戸ルミナリエ

だんだんと会場に近づきルミナリエが見えてきた。隣のビルに映る様子が綺麗!
d0076283_014024.jpg
三井住友銀行前・フロントーネ「光の扉」
d0076283_02580.jpg
d0076283_025666.jpgガレリア(仲町通り)
 「光の雲に運ばれて」

何年ぶりかな?
久しぶりにルミナリエに出かけました。
ニュースで見物客が3割減だと言っていたり、温かい、混雑の大変さも忘れた頃だったのだと思います。

21時台でも人は多いけど、順調に流れていて、十分に見られました。
会場までグルグル迂回したり、一箇所入場制限があり、コントロールされているおかげだと思います。

15日21:30まで開催中。
[PR]

by akashinjin | 2008-12-12 23:00 | イベント(神戸市) | Trackback | Comments(0)

明石焼き ゴ

d0076283_10101761.jpg明石焼きをどこかで食べようと歩いていたら、あれ?違うお店に変わっています。
これは、魚の棚の西端から横断歩道を渡った所にあるお店。
「明石焼き ゴ」さんは、以前アスピア近くの2号線沿いにありました。
d0076283_10132544.jpg



←蛸の明石焼き15個600円。
ふわふわの明石焼き。生地に出汁の味が効いている。温かいつけ出汁。
このお店はメニューが豊富で、蛸以外の具材もたくさん用意されていた。
明石焼きを使った料理のバリエーションがあります。(あんかけ玉子やき、明石焼きうどん 等)
他のお食事メニューも豊富です。
d0076283_101045100.jpg
このお店、漢字を読めると割引があります。
お店の壁にズラーッと並んでいる漢字。これを全部読めたら、タダにしてもらえます。
以前、テレビの番組で漫才師の「千鳥」が二人がかりで読んでいたのを見た事があります。

他に、注文の時に10問の問題用紙をもらい、6問正解で5%引き、8問正解で10%引き、前門正解で20%引き。
毎月5日は5%引きで、問題正解率と合計してくれます。
他にも色々サービスが容易されています。

私も問題を解きました。8問正解! いきなりテスト受けて、脳が回転した!
しかし、明石焼きの味は上の空になってしまいました。
面白かったので、また行きたいです。

明石市本町2丁目 TEL/FAX (078)913-8205 
お店のHPです。(住所と地図が古いままなので、注意!)
[PR]

by akashinjin | 2008-12-11 10:43 | 明石焼きめぐり | Trackback(1) | Comments(0)